あかりをつけましょ、ぼんぼりに〜♪

0

    みなさん、こんにちは手

    少し暖かくなってきましたね笑顔

    スギ花粉もかなり飛んでいるようで、

    鼻水と目のかゆみで春桜を実感している人も多いかもしれません笑顔

    花粉対策をしっかりしましょうね笑顔

     

    さて、3月3日は、ひな祭りお雛様でした笑顔

    前回のブログにありましたが、終わったけど終わってないひな祭りお雛様のお話です笑顔

     

    ひな祭りお雛様は、女の子の健康と成長を願って昔から飾られていると伝えられています笑顔

    元々は「上巳の節句」という中国から伝わった五節句の一つが由来とされています笑顔

    「上巳の節句」とは、三月上旬の巳の日に、草や藁で作った人形(ひとがた)で自分の体を撫でて穢れを移し、

    それを川川に流すことで厄払いや邪気祓いを行う風習がありました笑顔

    上巳の節句では、特に女の子のための日という概念はなく、男女共通の行事として厄払いや邪気祓いが行われていました笑顔

    しかし江戸幕府は、それまで日付が変動していた上巳の節句を3月3日と定め、

    さらにひな人形お雛様を飾ることから、この日を女の子の日と決めたのです笑顔

    こうしてひな祭りお雛様とは女の子の健やかな成長や幸せを願う日と変化していき、今のひな祭りお雛様となっていったのです笑顔

    3月3日は、ひな祭りお雛様にちなんだ菱餅菱餅や雛あられ、

    ちらし寿司などの料理料理を食べることにもカッコ子供の成長を願うカッコという意味が込められています笑顔

     

    ところが、この3月3日のひな祭りお雛様ですが、

    地域によっては旧暦の3月3日にあたる新暦の日にちに行ったり、
    1ヶ月遅い現在の新暦の4月3日にお祝いをしたりするところもあるようです笑顔

    元々ひな祭りお雛様の3月3日というのは、旧暦の3月3日のことを指します笑顔

    この旧暦というのは現在の4月の初め頃(毎年日程は異なる)に当たるので、

    ちょうど1ヶ月遅れの4月3日に行われるようになりました笑顔

    あくまで地域によりますので、まだ終わってないとも言い難いのですが…

    そこはスルーでお願いしますお願い(笑)

     

    昔は、段飾りが多かったようですが、だんだんとコンパクトなお雛様お雛様も増えているようです笑顔

     

    ちなみに私のお雛様お雛様ですキティ

     

    みなさんのおうち家のお雛様お雛様もいろいろあると思います笑顔

    いっぱいお祝いして、思い出作ってくださいね笑顔

    愛媛では、3月〜4月にかけて、砥部や久万町など様々な地域でひな人形お雛様が楽しめます笑顔

    ぜひ各地域のひな祭りお雛様を見に訪れてみてくださいね♪

    では、また手



    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << May 2019 >>

    selected entries

    archives

    recommend

    links

    profile

    書いた記事数:336 最後に更新した日:2019/05/22

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM